水疱瘡 原因 感染時期 対処法 治療法

水疱瘡の原因と感染時期、対処法と治療法

スポンサーリンク

【水疱瘡について】
水疱瘡とはどのような病気なのでしょうか。
水疱瘡とは、顔や足、そして全身にわたってできもののようなものができる病気です。
重度の場合肌がところどころ黒くなってしまうこともあります。
人から人へ感染することもある病気です。
感染時期が異なります。

 

年間で100万人が感染するとも言われている水疱瘡ですが、暖かい季節よりも寒い時期が
原因、感染時期となり、発症すると言われている感染症です。
子供の頃に大流行し、この水疱瘡を原因として、学級閉鎖になってしまったのは1970年〜1980年代かもしれませんね!

 

一人が感染することであっという間に広がってしまうのが特徴でしょう。
しかし、現在では予防接種を受ける乳幼児が多い傾向にあるのをご存知でしょうか?共働きなどで子供を保育園に預けている親が、感染症から子供を守るために受ける人が増えてきたようにも思えます。

 

なぜかと言えば、水疱瘡のような感染症では登園禁止になりますから自宅待機することになり、そんなに長く職場を休めないママたちが予防のためというよりも、自分のために子供が休まないように予防接種を受けていることが多かったというのが本当の話でしょう。
このように水疱瘡の予防接種を受けることで、誰かからうつる確率が非常に低くなったことは間違いありません。

 

 

【水疱瘡の感染時期は…】
結論から言うと、水疱瘡の原因、感染時期は大きな個人差があるという点です。
水疱瘡の原因、感染時期は、人それぞれ異なっています。
水疱瘡の症状が軽ければ、軽い治療で済んでしまうこともありますが、症状が重度の場合、さらに入院期間は長くなってしまうでしょう。
水疱瘡の症状の対処法は、入院だけではなく、より付加的な治療法が必要になることもあります。
ます。
水疱瘡の症状の対処法として、完全に治るまで、感染力がかなり弱くなるまで治療法が必要な点を考えれば、この点は致し方ない点であると言えます。

 

スポンサーリンク

 

【大人の水疱瘡】
大人でも水疱瘡の原因のある感染時期に感染することがあります。
子供の頃に感染していなかった大人では、抗体をもっているのかわかりません。
病院で抗体検査もできますのでたとえば、家族を持ったとか子供が生まれるまえに確認しておきましょう。
母子手帳にも記載されていますので確認してみましょう。

 

大人でも水疱瘡の原因のある感染時期にうつる確率は低くはありません。
水疱瘡の原因のある感染時期の症状も子供たちと全く同じく手や足、顔やお腹などに数百個の発疹ができてしまいます。
また、痛みもありますし発熱もあるので外出は控えることになります。

 

大人になってから水疱瘡の原因のある感染時期に感染すると症状がひどくなることもあります。
病院では入院することもあります。
また、一度感染していたとしても抗体が薄くなることで、水疱瘡にうつる確率があがるようです。

 

おとなのうつる確率が高い水ぼうそうでも出社禁止になります。
症状が治まるまでの10日間くらいは自宅待機しましょう。

 

 

【水疱瘡が完治するまで】
水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、発症するまでには非常に長い潜伏期間があります。
水痘帯状疱疹ウイルスが原因ですが、人に感染した後の潜伏期間はなんと10日〜21日間だと言われています。
3週間とは非常に長いですよね。

 

水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、症状が現れて、発疹が水泡化するまでおよそ10日程度ですので全体的に見ても1か月は付き合わなければいけない感染症ですので長引かないように治療を開始しましょう。
水疱瘡の薬には緩和作用がありますのでしっかりと使いましょう。

 

 

 

【水疱瘡の潜伏期間中に受けた予防接種の効果はあるのでしょうか?】
感染症である水疱瘡にいつのまにかかかってしまうこともあります。
潜伏期間中も3日以上ありますので、水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、発症するまでの対処法、治療法として、予防接種を受けることもあるでしょう。
このような水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、発症するまでの対処法、治療法としての予防接種ですが重症化することなどはあるのでしょうか?

 

またせっかく注射を受けたのに予防接種の効果はどうなのでしょうか?抗体ができにくいことも考えられますどの様な対処をすれば良いのか確認しましょう 。

 

 

【自然感染から数日以内であれば接種しても可能?潜伏期間中でも平気なの?】
もしも、水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、発症するまでの対処法、治療法として予防接種を受けていればウイルスが増えてしまう前にしっかりとワクチンが定着することもありますが感染後72時間以内でなければ、予防接種の効果はないと言えるでしょう。

 

水疱瘡の原因のある感染時期に感染し、発症するまでの対処法、治療法としてワクチンを接種するとウイルスは体の中で増殖をすることで抗体が作られます。
飛沫感染などの症状よりも先にウイルスが増えなければ水疱瘡の抗体は、 負けてしまうことになります。
潜伏期間や予防接種の ターニングポイントは4日目でしょう。
それを過ぎてしまえば水疱瘡の症状は全身に広がりを見せてしまいます。

 

 

 

【潜伏期間中でも予防接種の効果は期待できる】
平成26年から水疱瘡の予防接種は定期接種となりました。
このことにより多くの子供たちは水痘ワクチンを受けられることになりました。
それまでは、約1万円ほどの自己負担でおもに働くお母さんたちが、子供が水疱瘡に感染することで保育園や学校を長期間休まなければならないのを危惧して自らワクチン接種を希望していた方が多いと言えるでしょう。

 

 

水疱瘡の予防接種では乾燥弱毒生水痘ワクチンが使用されています。
予防接種の効果は期待大で1回目の接種で重症の水痘を予防することができます。
2回目の接種では、軽症であればほぼ予防できると考えられています。
予防接種の効果について説明しましたが、いつ症状がでるのか分からない疾患では、難しことも多いでしょう。
予防接種の効果を期待して予防ワクチンを受けてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク