水疱瘡 潜伏期間中 予防接種の効果

予防接種の効果は?潜伏期間中の水疱瘡

スポンサーリンク

もしかしたら、水疱瘡の潜伏期間中かもしれないけれど予防接種を受けてしまった人もいるかもしれませんね。
この場合の予防接種に効果について確認しましょう。

 

 

【水疱瘡の潜伏期間中に受けた予防接種の効果はあるのでしょうか?】
感染症である水疱瘡にいつのまにかかかってしまうこともあります。
潜伏期間中も3日以上ありますので、その間に予防接種を受けることもあるでしょう。

 

このような潜伏期間中での予防接種ですが重症化することなどはあるのでしょうか?またせっかく注射を受けたのに予防接種の効果はどうなのでしょうか?抗体ができにくいことも考えられますどの様な対処をすれば良いのか確認しましょう 。

 

 

【自然感染から数日以内であれば接種しても可能?潜伏期間中でも平気なの?】
もしも、潜伏期間中に予防接種を受けていればウイルスが増えてしまう前にしっかりとワクチンが定着することもありますが感染後72時間以内でなければ、予防接種の効果はないと言えるでしょう。

 

水疱瘡のワクチンを接種するとウイルスは体の中で増殖をすることで抗体が作られます。
飛沫感染などの症状よりも先にウイルスが増えなければ水疱瘡の抗体は、 負けてしまうことになります。
潜伏期間や予防接種の ターニングポイントは4日目でしょう。
それを過ぎてしまえば水疱瘡の症状は全身に広がりを見せてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【潜伏期間中でも予防接種の効果は期待できる】
平成26年から水疱瘡の予防接種は定期接種となりました。
このことにより多くの子供たちは水痘ワクチンを受けられることになりました。

 

それまでは、約1万円ほどの自己負担でおもに働くお母さんたちが、子供が水疱瘡に感染することで保育園や学校を長期間休まなければならないのを危惧して自らワクチン接種を希望していた方が多いと言えるでしょう。

 

水疱瘡の予防接種では乾燥弱毒生水痘ワクチンが使用されています。
予防接種の効果は期待大で1回目の接種で重症の水痘を予防することができます。
2回目の接種では、軽症であればほぼ予防できると考えられています。

 

予防接種の効果について説明しましたが、いつ症状がでるのか分からない疾患では、難しことも多いでしょう。
予防接種の効果を期待して予防ワクチンを受けてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク