水疱瘡 感染 発症しない潜伏期間

水疱瘡に感染したけど発症しない潜伏期間

スポンサーリンク

水疱瘡に感染してもすぐに症状がでるとは限りません。
自分でも気がつかない間に感染していることも多くあるのが特徴的でしょう。
感染後の発症しない潜伏期間を調べてみましょう。

 

 

【水疱瘡に感染しても発症しない潜伏期間がある】
水疱瘡は、秋の終わりから春先にかけて乳幼児を中心に大流行する感染症です。
感染力はかなり強く1人が症状をあらわすと周りの子供達にもあっと言う間に広がりを見せてしまいます。
保育園や小学校などで水疱瘡の症状が出はじめると徐々に休みを取る子供達が多くなり学級閉鎖になることもあると言われています。

 

このようにいつのまにかうつっているのですが、どのようなルートでうつったのかはっきり分からないので注意が必要でしょう。
発症しない潜伏期間があります。
その時に同じお風呂に入り同じタオルを使い隣同士で寝ている兄弟がいれば、必ずその子にも感染してしまうほどの強さを持っています。

 

水疱瘡に感染して発疹などの症状が出はじめるのは、およそ2〜3週間と言われています。
この期間は、発症しない潜伏期間とも言われています潜伏期間中でもウイルスを保持している人に近づくことで感染力が高まります。
自分が水疱瘡の発疹が出る約1日前から 水疱がかさぶたになるまでの約10日間は、非常にうつりますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【発疹などの症状について】
発疹が出る約一日前だと言われていますが、この期間が発症しない潜伏期間中であれば、学校にも通常通り登校することで多くの子供達に集団でうつっている可能性が高いでしょう。
防ぎようのない疾患ですね。

 

 

【やっぱりうつる】
もしも、周りに水疱瘡の子供達がいるようであれば、注意する点がいくつかあるので確認してみましょう。
子供でも大人でも空気中に漂っているウイルスでうつってしまいます。
マスクをするなど予防対策が必要でしょう。

 

子供達は接近して遊ぶことが多いので、いつの間にか自分の子供もうつっていることがあります。
お友達でよく遊ぶ子がすでに水疱瘡であるならば、かなりの確率で発症するでしょうから、発症しない潜伏期間中かもしれませんので周りの大人たちも注意が必要です。

 

水疱瘡は一度はかかってしまう疾患です。
発症しない潜伏期間もありますが、できえば子供のうちに済ませていたいですよね!

スポンサーリンク