水疱瘡 登校禁止期間

水疱瘡における学校への登校禁止期間など

スポンサーリンク

水疱瘡にかかったら、学校の登校禁止期間はどのくらいなのでしょうか。

 

【感染と病気】
ウイルス性の病気が疑われるとき、私達は学校や会社を休むことがあります。
これは、単純に自分自身の体調が悪いから、という理由もそうですが、他人に感染させない、という意味合いも当然あります。
逆に、そういった病気の際は登校、出社が禁止されていることがほとんどです。
では、水疱瘡における、登校禁止期間はどのくらいなのでしょうか。

 

 

【全身に症状が】
水疱瘡にかかると、全身に症状があらわれるようになります。
ですから、病気を隠しておくということは難しいでしょう。
しばらくの間、登校禁止期間になり、出社もできません。
多くの場合自宅療養を行うことになります。

 

子どもが罹る病気、というイメージがあるかもしれませんが、水疱瘡は大人になってからの方が症状における重さが重い、とされています。

スポンサーリンク

 

【完治するまで待つ】
何と言っても、登校禁止期間や出社しないということを、学業や給料などを抜きにして考えなければならないのは、その感染リスクにあります。
そして、水疱瘡においては、どの段階で登校できるようになるか、という点を見極める必要があります。

 

ですから、自己判断で再開するのではなく、医師の診察を受けてからの方が良いでしょう。
一般的に、水疱瘡はやけどみたいな状態になってから、かさぶたの状態になるまで待たなければいけない、とされています。

 

 

【準備期間?】
水疱瘡や、その他のウイルス性感染症における登校禁止期間や、出社禁止期間を守るということは、自分だけでなく他人を守ることにもなります。
不必要な接触を避けることによって感染拡大を避け、完全に体調が回復してから活動を行うための準備期間、とも言えます。
その『完治』状態の見極めや、治癒期間中の生活について、家族との接触についても、十分注意しているようにするべきです。

 

水疱瘡において登校禁止期間を守ることは大切です。
登校禁止期間を、かさぶたになるまでに待つことは、感染拡大させないことにつながります。

スポンサーリンク