水疱瘡 予防接種 効果時期

水疱瘡の予防接種!効果時期について

スポンサーリンク

乳幼児期に水疱瘡の予防接種をしたことのある人は非常に多くなってきた昨今ですが、果たしてどれだけの効果があるのか判断できませんよね?予防接種の効果時期について詳しく見てみましょう。

 

【予防接種の効果時期はどれくらい?】
乳幼児を中心に大流行する水疱瘡について説明しましょう。
水疱瘡を未然に防ぐためには予防接種が有効であると言われています。

 

以前は任意接種であることから働いているお母さんの子供達が中心で予防接種を受けていました。
しかし、2014年から定期接種へと変わったことで、多くの子供たちが水疱瘡を予防することができるようになりました。

 

しかし、大人になってから水疱瘡にかかってしまう方が多くいるのが最近の傾向です。
なぜ、大人になっても水疱瘡を発症するのでしょうか?また、大人では発症することで重症化してしまう例もあり注意しなければいけません。
予防接種の効果時期はどうなっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

【ワクチン接種の効果時期】予防接種を受ける前にいろいろと確認しておくべきことがあるでしょう。
この予防接種ではワクチンを接種した後に水疱瘡にかかっている人との接触感染で約12%は発症してしまうと言われています。

 

また、注射を受けたことで症状を発症しても軽症で済むことが知られています。
しかし、水疱瘡は全身に広がった発疹と発熱を伴うことで、まれに重症化してしまい死亡する乳幼児もいる病気でもあるのです。

 

それでは予防接種の効果時期とはいつ頃でしょうか?水疱瘡のワクチン接種を受けられるのは1歳〜3歳の子供が受けられます。
保育園などの集団生活が始まる前になるべく早い段階でワクチン接種を受けるようにしましょう。

 

一度でも摂取すれば一生涯、抗体ができると言われ効果時期も長いことが分かっていますが、まれに副作用があるのも事実です。
一過性であれば接種した場所が腫れたりすることがありますが数日以内にその症状も治まるでしょう。

 

しかし、ワクチン接種ですのでアレルギー反応を示しアナフィラキシーショックなどの症状を起こしてしまう子供もいます。
抗体ができるなど効果時期については注射を受ける前に担当医から詳しく聞いて確認しましょう。

スポンサーリンク