水疱瘡 治癒期間

水疱瘡における治癒期間はどのくらいか

スポンサーリンク

水疱瘡という皮膚疾患における、治癒期間はどのくらいなのでしょうか。

 

 

【学校や会社を休「まなければならない」時】
学校や会社に通っている方にとって大切なことの一つに体調管理があります。
体調を崩してしまうと、学校や会社を休まなければならなくなることがあるからです。
しかし、中には、『休まなければならない』…いわば、休むことを強制される事例があります。

 

それが、他人に感染させる病気を患ってしまった場合などです。
インフルエンザもその一つと言えますが、『水疱瘡』もそれに含まれます。
何故でしょうか。

 

水疱瘡は、ウイルス性の感染症だからです。
まずは病院で、詳しい検査をしなければなりません。
何故詳しい検査が必要か、それはまず検査をしなければ、感染力のある病気かどうか、分からないからです。

 

【症状と治癒期間】
水疱瘡は、全身に腫れ物のようなものできます。
水虫…とはまた異なった大きさで、人によってはかなり大きく目立つほどにまでなることもあります。
水疱瘡は子どもの病気と思われがちですが、大人でも感染して発症することがあります。
感染力は決して弱くない、と言えます。

 

ですから、水疱瘡は治癒期間を経て、完治(既にかさぶたになっているような状態)にならなければ通うことは基本的にできません。
子どもがこれに罹ってしまった場合、親はその面で注意を払ってあげる必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【医師の判断を仰ぐ】
この病気の治癒期間がどれくらいなのか…それには個人差がありますが、1週間〜2週間以上治癒期間がかかることもあります。
どちらにしても腫れが引かない状態において学校や会社に行くことはできないでしょう。

 

治癒期間が予想以上に長くかかるからと言って、再び学校に通うタイミングに関して親が勝手に決めたり、会社に行くタイミングに関して医師の指示を無視して決めるのは避けるべきです。

 

 

【治療に専念を】
治癒期間は、その病気の治癒を第一に考えるべきです。
水疱瘡の場合も入浴などは基本的に制限されませんが、体を清潔に保つように心がけます。
看病している家族が感染している可能性もあるのでその点も注意するべきでしょう。

 

 

水疱瘡は感染力があるので治癒期間が終わらないうちは学校等には基本的に通えません。
登校についても医師の診断に従って決める必要があります。

スポンサーリンク