水疱瘡 類似湿疹 注意

水疱瘡?類似湿疹の注意点

スポンサーリンク

水疱瘡と似ている湿疹について説明しましょう。

 

 

【水疱瘡の初期症状では類似湿疹に注意しょう】
強い感染力の水疱瘡は初期症状である発疹があせもや帯状疱疹に似ていると言われています。
このような類似湿疹はどのような点に注意するべきか考えてみましょう。

 

発熱とともに顔・腕・お腹などに赤いぶつぶつが出来始めます。
乳幼児は、もしかしたらあせもなのかも思ってしまうママも多いことでしょう。
気づきが遅くなることで水疱瘡の症状が悪化してしまうこともあります。
周囲にいる人にも水疱瘡が感染することもあります。
子供の様子がおかしければ早めに小児科を受診しましょう。

 

 

【あせもと似ているかも!注意すべき類似湿疹】
さて初期症状で類似湿疹とも言われている、あせもについて見極め方など注意する点をお話しします。

 

初めての子育てであれば、水疱瘡だということに気づきにくいことも多いでしょう。
適切な処置をしなければ痒みのある発疹を子供が引っ掻いてしまい、水泡の液体が他の皮膚について炎症を起こしてしまうこともあります。
あせもは特に類似湿疹とも言われていてどう注意すればいいのか悩んでしまう方も多いようです。

 

あせもは夏場に現れる症状ですが、汗をかきすぎることによる塩分や汚れにより汗腺が詰まることで炎症を起こしてしまう疾患です。
水疱瘡の水泡と同じく赤みを帯びています。

 

水疱瘡の場合にも類似湿疹であるあせもとよく似ている赤い発疹が現れますが 水泡化します。
どちらも痒みを伴い注意しなければいけません。
子供は痒みを我慢することはできませんので、かきむしってしまうことがよくあります。

 

スポンサーリンク

 

【類似湿疹と間違えないで!】
赤ちゃんは、かきむしってしまわないように親が注意する必要があるでしょう。
ミトンをつけてあげる、爪も短く切るようにしましょう。
このような注意点を守ることで感染を広げずに済みます。

 

かゆみがひどい時には冷たいタオルをそっと当ててあげると症状が治ります。
熱もないようであればシャワーを当ててあげることで気分も変わるでしょう。

 

また、注意しなければいけない点は、水疱瘡の子供と一緒にお風呂に入るのはやめましょう。
水疱が潰れていればお風呂の中にウイルスが流れ出てしまい家族にも感染してしまいます。
似ていても違う発疹ですのでママも育児書をよく読んで発疹の種類について学びましょう。

スポンサーリンク