水疱瘡 1回感染 ならない

水疱瘡を1回感染した場合には2度とならない?

スポンサーリンク

1回感染することで体に免疫ができて二度とならないと言われている水疱瘡ですが本当に 2回目に感染することはないのでしょうか?

 

【1回感染すると二度と水疱瘡にならない?】
子供たちを中心に流行する水疱瘡ですが、1回感染することで二度とならないとも言われています。
しかし、それは本当なのでしょうか?実は1回感染した際に発熱や発疹の症状があまり出ないようであれば、再び水疱瘡になることも可能性としては大きいようです。
水疱瘡に1回感染しただけで二度とならないと言うことは絶対にありませんので注意する必要があるでしょう。

 

それでは、なぜそのようなことが起きるのか確認してみましょう。
最近では予防接種は定期接種となりました。
多くの子供たちは、自分の住まいのある市区町村からワクチン接種のお知らせを受け取ります。
その中に含まれるようになったのは2014年からのことです。

 

小学校に上がる前にはすでに多くの子供たちがワクチン摂取していることでしょう。
さて、1回感染しただけで二度と水疱瘡にならないというのが定説ですが、まれに2回感染してしまう方もいるでしょう。
実は、予防接種を1回受けただけでは抗体が完全に出来上がっていないことが多いと考えられているからです。
予防接種を1回しか受けていない子どもたちがその後の感染流行期間中に約15%ではありますが軽症の症状が現れると言われています。

 

体の中に免疫がしっかりできているようであれば1回感染した後は二度と水疱瘡にならないことは本当のことです。
子供の体の中、そして自分の体の中に水疱瘡の抗体ができているのか確認しておくこともできます。
できることならば水疱瘡の予防接種は2回受けることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

【二度とならないために】
予防接種を受けることも重要ですが、感染が流行している期間は不要な外出を控えるべきでしょう。
せっかくの休日だし、親子で出かけたい気持ちもわかりますが、冬場の寒空のなかで自分たちの欲望を満たすだけのショッピングなど人混みの多い場所へは、なるべく連れまわさないことも重要です。

 

予防はとても重要です。
注射だけでなく普段から規則正しい生活を送り、空気中にウイルスがたくさん飛んでいる場所への出入りも控えるといいでしょう。

スポンサーリンク