水疱瘡 予防接種 2回目の時期

水疱瘡の予防接種と2回目の時期はいつ頃?

スポンサーリンク

水疱瘡の予防に有効的なのは、予防接種を受けることです。
以前は任意接種でしたが、2014年には希望している人には誰もが受けられるようになりました。

 

 

【水疱瘡の予防接種で2回目の時期はいつ?】
初冬〜春先にかけて、乳幼児が発症しやすい水疱瘡ですが、予防接種を受けることで未然に感染を防ぐことが可能です。
水疱瘡の予防接種について説明します。

 

以前は、水疱瘡の予防接種は任意接種でした。
1回1万円くらいするワクチン接種を2回受けることで負担も大きいのですが、その分、水疱瘡の抗体がしっかりと定着すると考えられていました。
しかし、最近では定期接種に変更されましたので、どなたでもワクチン接種を受けることができるようになったのです。

 

このワクチン接種ですが効果があるのか心配ですよね。
実は、私たちが暮らしている日本は世界から見ても水疱瘡に感染する子供たちに確率が非常に多いと言われていますので、アレルギーなどの症状がないのであれば、水疱瘡の予防接種を受けましょう。
また2回目の時期も確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【2回目の時期までに感染する?】
予防接種の回数を確認しましょう。
ワクチン接種には生ワクチンが利用されます。
1回目の接種では0.5ミリリットルを皮下注射することで多くの子供たちに抗体が作られると考えられています。
また2回目の時期までにもしも感染してもその症状は非常に軽く済ますことができるでしょう。

 

このワクチンですが大人であれば1回摂取だけでは免疫ができることはほぼ少なく2回接種が基本となるでしょう。
2回目の時期まではしばらく間が空きます約3ヶ月から6ヶ月開けてからの摂取が基本です。

 

子供の場合にも2回接種を推奨します。
やはり1回だけではその後に感染するリスクもありますが、2回目の時期までにはある程度の抗体が出来上がっているのでリスクも抑えられるでしょう。
予防接種の2回目の時期が来る前に感染しても軽症で済むことの方が多いようです。
どちらにしても予防接種は早めに受けましょう。

スポンサーリンク