水疱瘡 後遺症 神経痛 注意点

水疱瘡で神経痛があるときの後遺症と注意点

スポンサーリンク

全身に症状が現れる水疱瘡ですが発症した後に後遺症が残ることはあるのでしょうか?特に大人では重症化すると言われています。
頭痛や神経痛など注意点を確認しておきましょう。

 

 

【後遺症の注意点を知ろう】
日本では毎年多くの子供から大人まで水疱瘡に感染していると言われています。
確率は非常に高く世界でも稀だそうです。
寒い時期に飛沫や接触感染することでいつのまにか水疱瘡のウイルスを体内に留めている状態になってしまいます。

 

子供でも症状が悪化すると重症化して脳から出血してしまうこともありますが、水疱瘡が重症化した場合の後遺症と注意点はどの様なものでしょうか。

 

 

【ワクチン接種が有効】
ワクチン接種をすることで水疱瘡の感染を軽く済ませることができます。
小学校に上がるまでの子供達が1回ないし2回の予防接種を受けます。
水疱瘡は一度感染するとよほどのことがない限り2回目はないと知られています。

 

しかし、水疱瘡のウイルス自体は体の中にいつまでも潜んでいて高齢になり、病気などで体力が落ちてしまうと帯状疱疹と言う名前で症状が出始めます。
これをヘルペスと呼んでいます。
注意点をあげるとすれば、ワクチン接種を必ず受けることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【神経痛は後遺症?】
ヘルペスは、水疱瘡の人から感染することはありませんが、逆にヘルペスを持っている感染者から水疱瘡になることが稀に起きることが注意点でしょう。

 

さて、神経痛などが残る後遺症について確認します。
注意点として既に帯状疱疹を発症している可能性が高いと言うことでしょう。
この後遺症である帯状疱疹では、神経痛からの痛みが起きることで知られています。

 

ウイルスは完治した後も脊髄などの神経節に潜伏していると言われています。
これが体力が衰えている時に帯状疱疹が現れると考えられています。
全身に及ぶ神経痛は非常に辛い症状です。

 

このウィルスは、痒みを伴うこともあり症状が悪ければ膿が溜まってしまいます。
後遺症の注意点としては比較的早く治るものではありますが、潰瘍を壊してしまわないようにすること、そしてその部分を締め付けるような服装は控えるべきでしょう。

 

また、後遺症の対処方では、神経痛がかなりひどいこともありますがその痛みを軽減させるためにも温泉などに入浴するなど血行促進をすると良いとも言われています
神経痛はピリピリしたり、痛かったりしますが放置すると余計に悪化しますので早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク