水疱瘡 感染 老人の症状

水疱瘡に感染した老人の症状

スポンサーリンク

水疱瘡は子供の頃だけに発症するわけではありません。
大人でも免疫力が落ちていれば、いろいろな感染症を患うことも多くあります。
老人の症状について確認していきましょう。

 

 

【水疱瘡に感染した老人の症状】
水疱瘡は一度かかってもまた感染する恐れがある疾患です。
大人でも老人でも子供たちからうつされることで2度目の感染をしてしまうこともあります。
もしも老人がうつったらどの様な症状が現れるのでしょうか。
水疱瘡にかかった老人の症状について確認してみましょう。

 

水疱瘡の原因であるウイルスは大人でも強烈なタイプです。
飛沫や空気感染をすることで周囲の人たちにうつってしまう高い確率を持つでしょう。
潜伏期間は発疹が全く見受けられませんのでいつ自分が感染したのかわかりません。
感染経路を知ることで周りの人への注意が必要があります。

 

一般的には乳幼児や小学生など集団で生活している人達へ感染することで知られていますが時には老人たちが集う場所で広がりを見せてしまうこともあり注意が必要です。

 

高齢者が水疱瘡にかかってしまうととても危険だと言われています。
老人の症状についてみてみましょう。
老人でも子供たちと同じように水泡が身体に出来ます。
痒みもあり水泡を潰してしまうと周りの皮膚に広がる恐れもあります。
高齢者の方達が水疱瘡を発症してしまうと合併症を引き起こすこともあるようです。

 

スポンサーリンク

 

【老人の症状で怖いもの】                                      
老人の症状を確認すると合併症が起こりやすく注意が必要です。
合併症として挙げられる疾患はおもに肺炎です。
この肺炎の症状は発症率も高いのでもしも高齢者がかかってしまった場合は、しっかりと治療を行うべきでしょう。

 

さて、大人の水疱瘡でも潜伏期間は通常と同じぐらいの2週間程度でしょう。
潜伏期間中でも空気感染をしますので少しでも症状がおかしいようであれば、外出は控えましょう。
また48時間以内に抗ウイルス剤を飲むことで軽症になると言われています
老人の症状は水疱瘡でも重症になるケースもありますので注意する必要があるでしょう。

スポンサーリンク